物語学の森 Blog版 志木も「新羅」から。
志木も「新羅」から。
2014-09-18 Thu 08:26
 この地に越してきて22年。近所には地下鉄12号線延伸の看板が立ち始めたけれども、完成するのはいつのことになるやら。この地を勧めた不動運屋さんは「今世紀中に地下鉄が近所に出来ますよ」と言っていましたが、すでに14年経過してプランのみ。確かに、地下鉄の練馬-新宿は便利だし、西武線、東上線が東横線に相互乗り入れしたお陰で、池袋駅にはすっかりご無沙汰となりました。

 先日、「三芳野」「武蔵野」の歴史を話すために予習していたところ、「新座-にいざ」は「新羅」から「新倉-にいくら」「志楽・志楽木・志羅木」と書いて現在の「志木-しき」も一連の表記史のあることを話したらびっくりされる。『日本書紀』『続日本紀』『延喜式』『和妙類聚抄』、折を見てデータ化しておきたいと思います。
別窓 | 生涯稽古の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<戦前の女性文学者と『むらさき』、そして折口信夫 | 物語学の森 Blog版 | 「未散不審」の『源氏』『枕草子』>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 物語学の森 Blog版 |