物語学の森 Blog版 2017年07月
岩波文庫新版『源氏物語』を読む。その二。
2017-07-30 Sun 07:12
 夕顔巻の光源氏覆面説に関する註釈を、拙註『人物で読む源氏物語』によって示し、あわせて岩波文庫新版の見解を示す。光源氏の和歌については、加筆が見られる(校注・藤井貞和/補訂・陣野英則)。覆面説は、やはり『新編全集』中、最も珍解と云うべきであろう。

○顔をもほの見せたまはず-『完訳』「覆面と解されているが、いかが。相手からまともに見られぬよう務めているというのではないか」。『新編全集』「覆面は僧兵の服装としてよく知られているが、『北野天神縁起絵巻』には、普通の僧侶、『春日権現縁起絵巻』には、女性の各覆面姿が見える。臨機に広く用いられたとすれば、ここもそれか。前記の三輪山説話を加味するねらいが察せられ、また「任氏伝」の人物が覆面しているのも思いあわせられる」『新大系』「顔を袖などで隠し続けて正体を見せないでいる。布などによる覆面ではあるまい」。盛行した覆面説だが、後の「紐とく花」の解釈からして、『完訳』『新編全集』にも揺れがある。袖で顔を隠す程度の意で、今は否定されたと考えて良い。  以上『人物で読む源氏物語 夕顔』

※岩波文庫新版「顔を袖などで隠し続けて正体を見せないでいる。布などによる覆面ではあるまい」

○夕露に紐とく花は玉鉾のたよりに見えし縁にこそありけれ-源氏の贈歌。「夕露に」というが、まだ夕方にはなっていない。「紐とく花」は花が開く意と女の下紐を解く意を懸ける。自分が今、顔を見せる意と読む『新大系』。「玉鉾の」は「道」に係る枕詞。『新大系』「夕べの露を待って開く花のかんばせは、あの道すがらにあなたによって見られたご縁であったことよ。「えに」は「縁に」。女の「心あて」の歌(103頁)を受けて、あの夕べに見られた顔はわたし(源氏)であったと明かす」。今、こうして下紐を解く契りを結ぶのは、五条大路で出会った縁によるのです、の意であろう。『完訳』「「花」は、源氏自身の顔。「紐とく」は、顔を見せること」。『新編全集』「「夕露」は源氏。「花」は女。「紐とく」は下紐を解いて契りを交すの意で、二人が深い仲となったのは、五条の宿の通りすがりに見かけた奇縁によるのだ、の意」。 以上『人物で読む源氏物語 夕顔』(『新大系』の引用で一部略した部分を補った)

※岩波文庫新版「源氏の歌。夕べの露を待って開く花(夕顔)のかんばせは、あの道すがらにあなたによって見られたご縁であったことよ。夕顔の花を詠んだ歌(242頁)を受け取ったのはこのわたしだと明かす。夕顔の花と女とを重ねて、夕べの露を待って開く花のようにあなたがうちとけるのは、あの道中のしるべのように見えた枝の縁によるものだったのですよ、とも」
岩波文庫新版『源氏物語』を読む。その二。の続きを読む
別窓 | 源氏物語の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
高木和子著『源氏物語再考――長編化の方法と物語の深化』
2017-07-27 Thu 06:48
 著者から 『源氏物語再考――長編化の方法と物語の深化』拝受。ありがとうござます。新編全集をテクストとした渾身の一冊。精読して書簡を認めることとします。
別窓 | 源氏物語の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
岩波文庫新版『源氏物語』を読む。その一。
2017-07-26 Wed 06:37
 新日本古典文学大系の校注者による文庫化と思いきや、本文も表記も異なり、註釈も一新されている。研究者必携。

例えば、

新大系10頁⑬  野分立(た)ちてにはかに肌寒き夕暮の程、常よりもおぼし出づること多くて、ゆげいの命婦といふを遣はす。夕附夜のおかしき程に出し立てさせ給て、やがてながめをはします。

●大風の吹き散らした夜に月が美しい。

文庫6頁⑫ 野分だちてにはかに肌寒き夕暮の程、常よりもおぼし出づること多くて、ゆげいの命婦といふを遣はす。夕附夜のおかしき程に出し立てさせ給て、やがてながめをはします。

夕月。大風の吹き散らした夜に月が美しい。「はなやかにさし出たる夕月夜」(②賢木四節)も秋の月。「夕附夜」は宛て字

 「野分たちて」と濁らず清音で読むのは、校訂の室伏信助説が生きていたところ、文庫では濁音に改められている(ただし、「風、野分だちて吹く夕暮に、むかしのこと おぼし出でて、ほのかに見たてまつりしものを、と恋しくおぼえ給に」新大系四巻「御法」176頁④のように不統一ではあった。いずれも藤井貞和校注)。また、「夕附夜」は宛て字ではなく、「夕附く-夜」で夕方めいた西の空のこと。このことは『正徹物語』を踏まえて拙文で述べたところ。担当者はぜひ再検討頂きたい。

 以下、拙稿引用。

六二「夕月夜小倉の山」の歌は、昔から人の不審する歌なり。これは九月尽の歌なり。「夕づく夜」は夕から月の出づる四日五日の頃なり。いかにとおぼつかなきか。万葉に「夕づく夜」といふに、書様あまたあり。「夕月夜」と書きたるは、夕から月の出づる頃のことなり。又、「夕付夜」とかきたるは、月にはあらず、ただ、夕暮れからやうやう暗くて夜になりたるを「ゆふづくよ」といふなり。古今の歌は夕につきたる夜の心にて「夕付夜小倉山」と詠みたり。             『正徹物語』 ※初出には傍線なし。

○「ゆふづくよ」は、『正徹物語』の定義が、大島本『源氏物語』の表記に合致する。すなわち、十三夜以降の数日間、夕方東の空に出る月を「夕月夜」、夕方めいた西の空を「夕づく」「夜」、これは夕空に月が懸かっていることを必要要件としない。

上原作和「「ついたちごろのゆふづくよ」の詩学----桃園文庫本「浮舟」巻別註と木下宗連書入本」「国語と国文学」2014年11月号
別窓 | 源氏物語の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「御垣の原」と「御垣が原」
2017-07-25 Tue 07:52
 梅の花かうばしき夜の朧月にたゝずみ、御垣が原の露分け出でむありあけの空も、わが身ざまに忍ばるべくもなからむ人は、たゞ色好まざらむにはしかじ。(『徒然草』240段)

 注釈書類には本文を尊重して「御垣が原」とある『源氏物語』本文を、河内本であるとか、別本であるとしています。
 これは大島本を規準にしているからであって、明融本には「の(か)」と併記されているし、「乃」と「可」の字形相似による本文転訛のレベルでしょう。

『大成』1906 みかきのはら・大島本-みかきの(か) はら 明融本-みかきかはらを 穂久迩文庫本-みかきか原・ 阿里莫本

『日本国語大辞典 第二版』
「みかきのはら」【一】〔名〕
宮中や貴人の邸宅の築垣のあたりの野原。また、宮中や貴人の邸内の庭のこともいう。みかきがはら。
*源氏物語〔1001~14頃〕若菜上「一日、風にさそはれてみかきの原を分け入りて侍りしに、いとどいかに見落し給ひけむ」
*散木奇歌集〔1128頃〕恋下「とりつなげみかきの原のはなれ駒うき世にあれて跡も定めず」
「みかきがはら」「みかきのはら」【一】に同じ。*別本源氏物語〔1001~14頃〕若菜上「ひとつは風に誘はれてみかきが原を分け入り侍りし、いとどいかに見おとし給ひけむ」

参考文献・桧垣孝「「みかきが原」考」 「日本文学研究」30号、大東文化大学日本文学会、1991年1月

 ところで、『源氏物語』が1001年から1014年に書かれたとあるのは、夫・藤原宣孝没の直後から、旧来説(岡一男『源氏物語の基礎的研究』)の紫式部没年を論拠としているもよう。これは「常識」ではありません。念のため。
別窓 | 源氏物語の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
正倉院『種々薬帳』を学ぶ。
2017-07-23 Sun 06:23
 正倉院『種々薬帳』を学ぶ必要があるようです。目録に60種、現存40種。以前から注目している、24.「五色龍歯」は、鎮静・鎮痙・鎮痛剤とした使用された「化石生薬」で、インドからの渡来品と目され、大小二個のうち、大きいものはほぼ完全な形のナウマン象の第三臼歯。他の薬物と配合したり、竜骨と同じように、『神農本草経』の薬効として「咳逆、泄痢膿血(膿血をともなう水様性下痢)」。内用としてはてんかん、神経症、不眠、寝汗、遺精に、外用としては皮膚の遺傷、分泌物の多い湿疹に対して使われたもの。

 『竹取物語』の求婚難題物は「ありそうでなさそうなもの」でありながら、インドわたりの珍品に想を得ていたものと私は考えています。
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
芥子・棗・コカの古代
2017-07-22 Sat 07:51
 採点の合間、芥子・棗・コカの古代、つまり、古代の麻薬をリサーチ。植物にはからきし弱い自覚有り。もっと勉強しておけば良かった。今なら、まだ、間に合うかも知れない。
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
爛柯の故事再読
2017-07-20 Thu 07:35
 試験・レポートをほぼ回収(一部はポータルサイトの添付待ち)につき、採点と共に原稿の内容を考えます。大室幹雄『囲碁の民話学』を再読しながら、爛柯の故事を再考します。
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『図書 私の三冊』
2017-07-18 Tue 07:10
 岩波書店の『図書 私の三冊』をもらってきました。岩波文庫90周年記念だそうですが、その昔、おそらく1987年の60周年にも同じ企画があったように記憶します。当時は、秋山虔先生が島崎藤村『春』、大野晋氏が橋本進吉『古代国語の音韻について』を挙げておられ、後者は購入して夏休みに読んだ記憶があります。当時は大学院生でした。書かねばならない原稿を抱え、読書量は細るばかりのような気もする。この夏は専門書以外の本にあれこれ挑戦したい。
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
あと七分
2017-07-15 Sat 22:50

 神奈川大学で物語研究会例会。西武・副都心・東急が乗り入れて格段に便利になったものの、帰りのバスに乗れるのは稀。おなじ電車に乗ったはずのS浦さんが1本あとからやってきました。なんでだろう?
 そしておやすみなさい(^^)。私の家は終点傍なんです。
別窓 | 全国ツアーの巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
女性琴士の奏でる『広陵散』
2017-07-12 Wed 06:35


 説明和訳- 《広陵散》は又の名を《聂政刺韩王曲》。楽曲は魏晋時代に作られた。版本の《神奇秘谱》より採譜。
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 物語学の森 Blog版 | NEXT