物語学の森 Blog版

このBlogは、私が物語研究の途上で出会った様々な発見や、物語をともに学ぶ人々との出逢いを綴ったものです。ごらんのみなさんにも物語文学の深遠なる森の如き世界の一端をお知りいただければ幸いです。

東郷克美『ある無名作家の肖像』

 天候不順。途中雷雨となる。参議院議員選挙にはもちろん行きました。民意を問うといいながら、結局は、聞く耳持たない総理。針の筵でよく頑張りますね。誰か漢文の素読を指南してあげるといいかもしれません。

 そんな中、『ある無名作家の肖像 / 東郷 克美』を読み進める。爽快。
 『異界の方へ 鏡花の水脈』以来のファンですが、太宰さんのこと、井伏鱒二のこと、故郷の話など、先生の滋味ある文章が、その物語世界に自ずと惹き込んでくれる結構なのです。
 昨年は立て続けに先生と酒席を共にする機会があり、「君とは最近よく会うね」と話しかけてくださったことが思い起こされもします。平成4年に81歳と記されるお母様が、直近の文章に94歳と記されるのを拝して、羨ましくも感じられました(70の記述もありました)。早稲田の先生は古希の年にみなさん随想集を出されており、ボクの恩師も先達に倣って辛口のエッセイ集を出したのでした。
おもいっきり侃侃(かんかん) / 萩谷 朴
 この夏はまた読み返してみようと思います。
別窓 | 日記を物語る Blog 版 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

五節の舞姫の裏話。

 天候不順。大塚にある日本文学協会の『枕草子』を読む会へ。「宮の五節出てさせたまふに」の段。大部の周到なレジュメでいたれり尽くせり。いろいろな議論が出来ました。昭和三年の御大典では五節が衣裳の重さなどにより卒倒者が続出した話から、『枕草子』『紫式部日記』『源氏物語』の語りとしくみについて思いを巡らせつつ、楽しいひとときを過ごしました。
別窓 | 生涯稽古の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

我が癖。

 晴れ。自分で自覚する癖は数々あれど、一番困るのは、腕時計をすぐに外す癖。よくなくすので安物で済ませているのですが、それなりにこだわりがあり。時計屋さんをハシゴして探したものの、結局見合わせました。明日もまた探すことになるでしょう。
別窓 | 日記を物語る Blog 版 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

稲賀敬二流。

稲賀敬二コレクション (1) (稲賀敬二コレクション 1) 稲賀敬二コレクション (1) (稲賀敬二コレクション 1)
妹尾 好信、稲賀 敬二 他 (2007/06)
笠間書院

この商品の詳細を見る

 快晴。稲賀敬二先生の著作集の既刊二冊を精読中。その奥行きの広さ、発想の大胆さ、そして考証の精緻さ。すべて学ぶことばかりです。
別窓 | 源氏物語の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

夏休み。

20070727082204

 快晴。洗車していたら、光化学スモッグ注意報発令のアナウンス。すっかり夏ですね。去年の夏は、暑い京都や、つま恋にも行けたし(中央野球帽がボク)、充実していたけれども、今年の予定は平年通り。少し探して見ますか。
別窓 | 日記を物語る Blog 版 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

新潟会場G。

20070726061047

 
 快晴。出発前の余震におののきつつ、新潟へ。新潟駅からチャーターされたバスで市内を眺めましたが、ここでは地震の影響は見られませんでした。ただ、柏崎の高校が軒並み参加を取りやめ、やはり余波は大きなものがあるようです。僕は別室で「『源氏物語』の音楽史」を。琴は新幹線での持ち歩きが不便なので封印しました。昨日は長野会場から回ってきたスタッフも、今日で前半戦は終了とのこと。夏休みが長くとれるのがこの仕事のメリットのようです。
別窓 | 全国ツアーの巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

メンテナンス。

 快晴。朝いちで歯医者、そして床屋さん、帰りがけにジムで水泳。メンテナンスの日となりました。採点は、危なそうな人の分から。冷や冷やしている人、ゴメンな!
別窓 | 日記を物語る Blog 版 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

前期定期試験。

20070724065401

 雨交じりの曇天。前期定期試験。欠席者の若干いたことは残念ですが、ひとりの途中退席者もなく、みなさん黙々と答案に向かっていました。また秋に元気で会いましょう。
別窓 | 大学での御仕事の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

夏休みは翌日から。

20070723082101
 
 (ビデオ画像より)
 曇天のち晴れ。明日テストゆえ、世間では夏休みなるも、こちらはビデオを見ながら地味に過ごす。昨日、あの時間で、埼玉県公立高校出身者さんたちには三次会があった由。発案者はボクより20歳は年長の大先輩。いやはや、このエネルギーには参りました。
別窓 | 日記を物語る Blog 版 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

若い人とのつきあい方。

 曇天。おりしも、オープンキャンパスの日大文理学部で物語研究会例会。一本目の司会故、気持ち早めに家を出たものの、バスが来ず、西武池袋-大江戸-京王線と乗り継いでなんとか務めを果たしました。かなり専門的な分野だったので、わかりやすく解説しつつ進めたつもりですが、如何だったでしょうか。二本目は新資料の調査報告。奥書の読みにはベテラン勢もさかんに解読を試みてくださり、終わってみれば大盛会となりました。
 ベテラン勢さんとは、阿部研究室に席を移して、編集の打ち合わせ。これも勉強になりました。二次会はおきなわ料理。この研究会はおきなわ料理がよく似合います。かくして、すっかりオジサン組の僕は若い人のつきあい方を学んだのでした。
 帰りがけ、携帯を落としてすべてのデータが飛んでしまいました。これをお読みの知友は、携帯の電話番号をメールでお知らせ下さるとありがたいのですが…。
別窓 | 生涯稽古の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 物語学の森 Blog版 | NEXT