物語学の森 Blog版 枕草子の巻
昭和3年11月16日 五節の舞姫一覧
2018-05-12 Sat 07:42
 来年行われる大嘗祭。関連行事として行われるであろう豊明節会(とよあかりのせちえ)のクライマックスはやはり「五節の舞」。清少納言、紫式部も、この行事に関する記述は詳細で、特に舞姫に関しては、約10分間の舞による肉体的消耗の激しさに筆が及んでいることは、よく知られている。

三巻本『枕草子』85段 正暦4年11月、中宮定子が五節の舞姫を選出した年の、最終日15日・辰の日の豊明節会の様子を記したくだりは以下のとおり。

○ 果ての日も、負いかづきいでも騒がず。

『紫式部日記』寛弘5年(1008)11月21日条
○ 舞姫どもの、<いかに苦しからむ>と見ゆるに、尾張守のぞ、心地悪しがりて往ぬる、夢のやうに見ゆるものかな。こと果てて下りさせたまひぬ。

 これに関しては解釈が定まらず、萩谷先生も繰り返し昭和の五節の舞姫たちの例を挙げて、これを考証している。もちろん、同時代史料『江家次第』『実頼公記』『西宮記』『権記』『小右記』等の、五節の舞姫たちが舞終わることが出来なかった例を考証の根拠とし、その傍証としての言及である。

萩谷朴『枕草子解釈の諸問題』新典社、1991年、初出「國文學: 解釈と敎材の研究」、第4号 學燈社、1959年4月
46-57ページ
現に筆者は昭和三年の御大典当時、まだ小学校の五年生であったが、大甞会豊明節会に奉仕した舞姫五人の中、無事大任を果したものはわずかに 一 人、五人中四人までが卒倒したという風評を記憶している。なんでも衣裳が四貫目(一五キログラム)もあるのでは、どんなに辛かろうと同情したことであった。

萩谷朴『本文解釈学』 萩谷朴 河出書房新社、1994年

24 ページ
昭和三年、昭和天皇ご即位の大典が京都御所で行われた時の新聞記事である。私はまだ小学校五年生であったが、大甞会豊明節会に舞姫を奉仕した華族の令嬢五人の中、四人までが卒倒して、無事大任を果し得た者は僅かに一人(錦小路子爵家令嬢(×正しくは妻))、他の四人は悉く卒倒したという報道であった。何でも衣装が四貫目(一五キログラム)もあるのでは、若い女性にとって、どんなに辛かろうと子ども心に同情した記憶が、何時までも心に残っていた。

586 ページ
昭和 三 年、昭和天皇ご即位の大典に因んで挙行された大甞会豊明節会に舞姫を奉仕した華族の令嬢五人の中、四人までが卒倒して、無事大任を果得たのは僅かに一人と新聞記事にあった。昭和二年東大国文科卒業の錦小路頼孝子爵の妹君(×正しくは妻)であったと記憶している。幼少菜な王朝の姫君とは違って、高女卒業の成人であったが、平素着慣れない装束の重量が四貫(一五キログラム)も在ったのでは無理からぬことと、小学校五年生の子ども心に同情したことが記憶に長くとどまっていて、『枕草子』『紫式部日記』の本文解釈に役立つのだから面白い。

昭和3年11月16日 五節の舞姫一覧 ○は実際に豊明節会で舞を務めた五人の女性 

○菊亭福子 17歳 父・菊亭脩季 母・中山章子(侯爵 中山輔親の再従姉)(京都薬学専門学校教授・子爵・藤井兼諠の妻、一説に鳥居忠博の妻)京都府立第二高等女学校卒業
○日野西兌子 20歳 父・子爵・宮中顧問官 日野西資博(1870年生)
○油小路昊子 24歳 父・伯爵・油小路隆成(子爵 錦小路頼孝の妻)
○藤谷直子  25歳 父・子爵 藤谷為寛 御子左家 二百石
町尻信子 26歳 父・子爵 町尻量弘 広島市第一高額納税者・島本幸助の妻 京都府立第一高等女学校卒業
植松信子 21歳 父・子爵 植松雅徳 村上源家 百三十石 京都府立第二高等女学校・京都府立女子専門学校卒業 国漢中等教員免許状取得 今西清之助の妻
○難波綾子 24歳 父・子爵 難波宗美 花山院家三百石
冷泉須賀子 22歳 父・子爵 冷泉為系 上冷泉家 御子左家三百石

 当時の『朝日新聞』『読売新聞』には、舞姫が卒倒した記事は見あたらないが、「油小路昊子 父・伯爵・油小路隆成(子爵 錦小路頼孝の妻)」の存在は確かで、考証本文に「錦小路頼孝の(×)妹君」とある微妙なミスはあるものの、萩谷先生の記す「風聞」「新聞記事」は確かに存在したことは、確かであろうとは思われる。

別窓 | 枕草子の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
五節句を復習
2018-02-20 Tue 06:08

 火曜日は古典講座三連投。2月20日は、旧暦睦月五日と言うことで、これに備えて五節句(人日(じんじつ)・上巳(じょうし)・端午・七夕・重陽)を復習。特に、上巳は「人形(ひとがた)」「切麻(きりぬさ)」の実物も用意。
 近代日本は、明治5年12月の陰暦から太陽暦への変更に伴って、この五節句も廃止された由(《五節を廃止する布告》 明治6年(1873年)1月4日 太政官布告)。

 当日ですが、高輪道往寺で19時より『源氏物語絵巻』を講じます。お時間のある方はどうぞ。
別窓 | 枕草子の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
学問始め
2018-01-09 Tue 07:37
 春先までに数本の論文が公刊される見通しで、徐々に校正刷りが届く。7日は勉強会始めの『枕草子』。江戸時代の『春曙抄』『磐斎抄』から『解環』『全注釈』、『講談社学術文庫』までを検討する。膨大な解釈研究史の蓄積を検討しています。

 参考 田中重太郎と萩谷朴

 抱えている原稿は、夏の大会印象記。10年前の執筆メンバーに依頼したと側聞するので、回顧と展望を兼ねて。10年前のはかなり刺激的な批判でしたが、お役ご免とはならず、再登板と相成りました。ただし、当時と方針が変わり、問い合わせがあれば、外部に公開しているので、抑制気味に。参考に、有精堂の「古典と近代文学」の座談会を再読中。

 「僕が僕であるために、そして、神話を昔話にしないために。年間テーマ 「古典(学/知/教育)」によせて」「物語研究会会報/第37号」物語研究会、.2007年3月31日。
別窓 | 枕草子の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
藤原定子の出家に関する文献二つ
2017-11-08 Wed 06:38
 藤原定子の出家に関する文献二つ。「御鋏して御手づから尼にならせたまひぬ」と類型的な表現のみ。

『小右記』長徳二年(996)五月二日条  
 中宮権大夫扶義(源)云、昨日后宮乗給扶義車 懸下簾、(略)、捜検夜大殿及疑所々、放組入・板敷等、皆実検云々、奉為后無限之大恥也、又云『后昨日出家給』云々、『事頗似実』者。

『栄華物語』巻五「浦々の別れ」
師殿(藤原伊周)は筑紫の方なれば、未申の方におはします。中納言(藤原隆家)は出雲の方なれば、丹波の方の道よりとて、御車ども引き出づるままに宮(定子)は御鋏して御手づから尼にならせたまひぬ。内には、「この人々まかりぬ。宮は尼にならせたまひぬ」と奏すれば、あはれ、宮はただにもおはしまさざらむに、ものをかく思はせたてまつることと、思しつづけて、涙こぼれさせたまへば、 忍びさせたまふ。『昔の長恨歌の物語もかやうなることにや』と、悲しう思しめさるることかぎりなし。①250~251頁
別窓 | 枕草子の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
次は古代の麻薬と音楽について書きます。
2017-06-26 Mon 07:48
 『枕草子』「九月ばかり」「七日の若菜」の輪読報告を終える。次は来月末締め切りの「古代の麻薬と音楽」について書きます。ぼちぼち資料をリサーチ中。
  我が家の周辺、今、日本で最も有名な議員さんのピンクポスター、あちこちで剥がされ始めました。隠れ入院ではなく、本格的な心の治療と、人として、最低限のモラルの再構築もお願いしたい。家族のために。

別窓 | 枕草子の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 物語学の森 Blog版 | NEXT