物語学の森 Blog版 右書左琴の巻
香を焚く
2018-07-15 Sun 10:17


 炎暑の書斎に香を焚く。頗る涼やかなり。
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
琴曲「秋風詞」は『李太白全集』では「三五七言」
2018-06-25 Mon 07:43
 琴曲「秋風詞」の原詩は『李太白全集』(上海書店、1988年)では巻25「古今体詩九十首」のひとつ「三五七言」。

三五七言

秋風清   秋月明
落葉聚還散  寒鴉棲復驚。
相思相見知何日  此時此夜難為情

「秋風詞」には以下の本文が付加されている。

入我相思門  知我相思苦
長相思兮長相憶  短相思兮無窮極
早知如此絆人心  何如當初莫相識

 『李太白全集』では、「此時此夜難為情」の末尾に「[臞仙詩譜]以此篇為無名氏作。倶誤。」とある。臞仙(朱権)は、琴譜『神奇秘譜』(1425年)の編者。『唐詩選』ならびに、松浦友久編『李白詩選』(岩波文庫、1997年)ともに未収録。
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『蒙求』と琴、覚書
2018-06-21 Thu 07:42
戴逵破琴(さいたつはきん)-諸芸の達人だった戴逵が、武陵王の召し出しを断るために、使者の目の前で琴を割ったという故事。『晋書』「戴逵伝」
宓賤弾琴(ふせんだんきん)-宓子賤(ふく・しせん)が単父(たんぽ)の令(知事)となっても琴ばかり弾いていただけで、単父の治世は安定していた故事『呂氏春秋』
伯牙絶琴-伯牙が鐘子期の死を悼んで琴を絶った、知音の故事『列子』「湯問」
蔡琰辨琴-蔡琰、字(あざな)は文姫、蔡邕の娘。蔡琰が九歳の時、蔡邕が琴を弾き一つの絃を切ったところ、娘はどの絃が切れているのか、正確に答えた。蔡琰はその昔、「季札は風を観て国の興亡を悟り、師曠は律を吹き、南風が競わないことを悟った」ことを思い合わせた故事『蔡琰別傳』

漱石漢詩の琴に関する理解は、愛読した王維の詩や『蒙求』が源泉であろう。
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
漱石俳句再考
2018-06-20 Wed 07:05
 漱石の琴にちなむ俳句を再考。なかには、西洋の弦楽器を詠むこともあるものの、確実に琴(きん)を詠んだと認定できるものは以下の通り。明治32年の句は『蒙求』「載逵破琴」を踏まえたもの。


熊本時代
明治29年(1896年)

素琴あり窓に横ふ梅の影

明治32年(1899年)

琴に打つ斧の響や梅の花

大正5年(1916年)
桃に琴弾くは心越禅師哉

※「載逵破琴」-諸芸の達人だった戴逵が、武陵王の召し出しを断るために、使者の目の前で琴を割ったという故事。
※心越-東皐心越。清からの亡命僧で日本琴楽中興の祖。
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「秋の調べ」はいずれの琴曲か
2018-06-11 Mon 07:42
DVD映像編集、解説、中国語訳解説、いずれもまとまる。「解説」は『日本琴學史』の抄録ながら、ひとつだけ新見を簡略に書き添えた。

 『うつほ物語』内侍のかみ巻、楼の上・上下巻、『狭衣物語』巻二には「秋の調べ」が見られる。琴曲「秋の調べ」は、李白の詩に曲を付けた「秋風詞」であろうとの類推。現存する300余曲のうち、「秋の調べ」に該当する楽曲は「秋風詞」。しかも李白の詩は恋を謳ったもので、物語の主想にも叶う。

 自身に好意を寄せる朱雀帝の弾琴の要請に、俊蔭娘(北の方、のち任内侍督)は以下のように答えて、これを固辞している。
「「秋の調べは弾く者こそあなれ」とて、
 秋風の調べて出だす松の音はたれを竜田の山と見るらむ
竜田姫か、と思ひたまへらるるかな。」       (内侍のかみ巻、前田本による)

十五夜の月の、明らかに隈なく、静かに澄みて、面白し。「心もとなし」と、あまた度嘆きのたまはすれば、まづ、習ひ初めの龍角風を、秋の調べに弾き鳴らし給ふ。音高き、清涼殿にて弾き給ひしにすぐれて、よになく面白く明らかなり。よろづの楽、笛の音をはやし、もろもろの面白き声を整へたり。譜代の声、宮たち、御方々、龍角の声をほのかに聞きしもありしかど、「まだ、かうはあらざりき」と驚き給ふ。耳に入り、心に染みて面白きこと、「かかることあらむや」と、すぐれて聞こゆ。次に、細緒を、胡笳の調べにて一つ弾き給ふに、色々に、霰しばしば降り、雲たちまちに出で来、星騒ぎ、空の気色、恐ろしげにはあらで、めづらかなる雲立ち渡る。廂に居給へる人々、狭くて、人気に暑かはしくおぼえ給へる、たちまちに涼しく、心地頼もしく、命延び、世の中にめでたからむ栄えを集めて見聞かむやうなり。同じ調べながら、遥かに澄み上りたる声、心細くあはれにて、上は空を響かし、下は地の底を揺るがす。    (楼の上・下巻 前田家本による)

また、狭衣大将の詠歌は以下の如くである。
しのぶるを音に立てよとや今宵さは秋の調べの空のかぎりに   (内閣文庫本による)

 入内を控える源氏の宮に未練を残す狭衣大将は、源氏の宮の弾く琴(きむ)の音を聞きつけ、参上する。弾きさした琴(きむ)を渡され、忍ぶ思いを歌に詠むところがこの「曲想」に重なる。なお、唐楽「秋風楽」との関係は不明。『源氏物語音楽用語事典

李祥霆 『秋風詞』
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 物語学の森 Blog版 | NEXT