物語学の森 Blog版 右書左琴の巻
『うつほ物語』から『うつほ草紙』へ(抄録)
2017-08-11 Fri 06:50
うつほ草紙 小学館文庫、2003年3月
 
 今年は奇しくも『うつほ物語』再読の年。今抱えている原稿に加え、9月16日には青山学院女子短期大学同窓会講演「笑わぬかぐや姫と笑われる『うつほ物語』三奇人たち」、そして十数年ぶりの輪読会も担当予定。
 そこで十余年前の小文を読み返したところ、なかなか頑張っていました。以下、引用抄録。 

 巻末エッセイ 『うつほ物語』から『うつほ草紙』へ(抄録)

 さて、本書『うつほ草紙』は、主人公の名を清原俊華牙と言う。これに乳母子で琴職人の春音を伴い、遣唐副使として唐へ船出する。しかしそれは清原家を滅亡させんがための藤原氏の陰謀なのであった。嵐で難破し、海を漂う俊華牙と春音は、商人のセライ・ナジャ(後の馮若芳)に助けられ、波斯の都バグダードへ向かう。しかし彼は宮廷内の抗争に巻き込まれた上に、「愛別離苦」という木の呪いを受けて春音を喪い、傷心のまま、十三年の後、多くの宝物・文物とともに帰国を果たす。俊華牙は一女・細緒(原作には名は記されず、琴の名を転用)を儲け、四四歳の生涯を閉じる。遺された娘はあやにくな運命に翻弄'され、俊華牙を波斯国に追いやった藤原氏の嫡男・兼雅の子を宿す。運命の子の名、それが藤原仲忠であった。
 諏訪緑の物語世界は、代表作『玄奘西域記』にも一買して「少年の自分探しの物語」を主題とするようである。運命に翻弄される少年たちが、西方への旅を通して世界を知り、人を愛する切なさを知る。邂逅と離別を経験しつつ、自我に日覚めてゆく物語なのである。 このような読後の爽快感・清涼感をもたらしてくれる、現代に転生した『うつほ』の草紙を、もし清原氏の末裔である清少納言や、藤原氏の末裔である紫式部が読んだなら、「永遠の青春性」が主題のこの物語を何と評したことであろうか。
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
正倉院『種々薬帳』を学ぶ。
2017-07-23 Sun 06:23
 正倉院『種々薬帳』を学ぶ必要があるようです。目録に60種、現存40種。以前から注目している、24.「五色龍歯」は、鎮静・鎮痙・鎮痛剤とした使用された「化石生薬」で、インドからの渡来品と目され、大小二個のうち、大きいものはほぼ完全な形のナウマン象の第三臼歯。他の薬物と配合したり、竜骨と同じように、『神農本草経』の薬効として「咳逆、泄痢膿血(膿血をともなう水様性下痢)」。内用としてはてんかん、神経症、不眠、寝汗、遺精に、外用としては皮膚の遺傷、分泌物の多い湿疹に対して使われたもの。

 『竹取物語』の求婚難題物は「ありそうでなさそうなもの」でありながら、インドわたりの珍品に想を得ていたものと私は考えています。
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
芥子・棗・コカの古代
2017-07-22 Sat 07:51
 採点の合間、芥子・棗・コカの古代、つまり、古代の麻薬をリサーチ。植物にはからきし弱い自覚有り。もっと勉強しておけば良かった。今なら、まだ、間に合うかも知れない。
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
爛柯の故事再読
2017-07-20 Thu 07:35
 試験・レポートをほぼ回収(一部はポータルサイトの添付待ち)につき、採点と共に原稿の内容を考えます。大室幹雄『囲碁の民話学』を再読しながら、爛柯の故事を再考します。
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『図書 私の三冊』
2017-07-18 Tue 07:10
 岩波書店の『図書 私の三冊』をもらってきました。岩波文庫90周年記念だそうですが、その昔、おそらく1987年の60周年にも同じ企画があったように記憶します。当時は、秋山虔先生が島崎藤村『春』、大野晋氏が橋本進吉『古代国語の音韻について』を挙げておられ、後者は購入して夏休みに読んだ記憶があります。当時は大学院生でした。書かねばならない原稿を抱え、読書量は細るばかりのような気もする。この夏は専門書以外の本にあれこれ挑戦したい。
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 物語学の森 Blog版 | NEXT