物語学の森 Blog版 大学での御仕事の巻
ふたつの世界
2017-04-13 Thu 07:02


 この日は移動日。すでに気温は18°。図書館により、はやめの学食のランチののち井の頭線、半蔵門線で移動。



 5時限目を終えるとすでに青山通りは夕暮れ。おなじ「大学」を冠する世界なれど、ともに創立130年近く経て、まったく異なる雰囲気を持つ。この微妙な「趣」が進学の決め手になっているのだろう。
別窓 | 大学での御仕事の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
授業始まる
2017-04-11 Tue 05:39


  月曜日からほぼフル稼働。ところが、早朝には教材データも貼り付けられたポータルサイトが、履修登録やシラバス閲覧のアクセス集中でサーバーダウン。目標、概要、遅刻欠席の扱い、評価方法、すべてサーバーの中。粗々話して詳細は来週に先送り。多士済々、苫小牧から福岡まで、全国から若人集結。1コマめは2年生ゆえ、助走程度、2コマ目の1年生は初回からいきなり100分フルタイム完走しました。
別窓 | 大学での御仕事の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『論文演習2016』
2017-02-24 Fri 07:50


 新年度のサブテキスト完成しました(ジャーナル作成費助成によります)。

研究調査報告/番外編 上原作十郎伝-私の前史探究
桃源文庫コレクション 昨年は勝海舟、今年は杉孫七郎の書

 研究調査報告も充実。『君の名は。』「アイドルグループ・嵐論」『ラストエンペラー』」、この二月の勘太郎、長三郎の中村屋歌舞伎座観劇レポート掲載しました。
--------
目次
Ⅰ 論説と批評                 
Ⅱ 小説               
Ⅲ 夏季レポート編 文学館・歌舞伎レポート編            
Ⅳ 研究調査報告            
Ⅴ 附篇                 
桃園文庫コレクション     
漱石漢詩私註              
近代の恋愛観              
Ⅵ 論文演習 2016年度 シラバス(抜粋)  
  読書と漢字 みうらかいがん              
---------
論文演習 2017
     明治大学法学部国語科 上原作和編修

東京都杉並区永福×-×-×
明治大法学部和泉事務室気付
           2017年2月28日発行
印刷・製本 ユリクリエイト
別窓 | 大学での御仕事の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ふたつの南口ロータリーで
2017-02-21 Tue 07:05


 左は実家の傍にあるバス停の時刻表。寒すぎて、右にぶれました。土曜日の17時43分のバスは定刻通りに佐久平駅南口(蓼科口)ロータリーまで所要時間10分200円。中学校の同級会を田衛門で。ランチの蕎麦が好きで父とも来ましたが、お昼は止めたとのこと。同じ業界の人はこの店の食べログをチェックしてきたと話していました。音信不通の某氏の話が出たのでリサーチしたら、なぜか西の国にいました。かなり老け顔で吃驚。日本で最もお利口さんの大学を出た後、有力経済紙を辞め、別の大学院で学位を取った頃、電話して「たまには出てこないか」と誘いましたが、応じませんでした。博士号や論文は簡単にリサーチできます。「企業・大学等とのマッチング支援、競争的資金獲得支援」を専門としているようですが、教壇には立っていないようだし、どういう人生を歩んでいるのか、いずれ聴いてみたいものです。

右は副都心線相互乗り入れでパスの本数が増えた朝霞駅南ロータリー。月曜日、所用で出向くと紅梅が満開になっていました。モニュメントで微笑む本田美奈子さんも亡くなって12年。一度だけ、彼女の伸びやかな歌声を聴いたことがありました。写真を撮る直前もファンの方が花を供えていました。

2004年2月26日○コンサート・オリエンターレ〔サントリーホール 大ホール〕
出演:東儀秀樹(篳篥・笙),本田美奈子.(Vo.),伍芳(中国古筝),ジュリアス・チェンバース


 
別窓 | 大学での御仕事の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
学年末の風景 
2017-01-25 Wed 09:06
 試験を終えると、明らかに申し合わせていたらしい学生に取り囲まれて、聖徳太子でもないのに、各人の要望を承る。遠巻きに見ていた男子学生や大人しい学生間の不均衡を考慮しつつ、渋々申し出を承諾。すると深夜に不審に思ったらしい問い合わせが来たので、早朝、ポータルサイトに一気呵成、あれこれ細かく指示を書き込むことに…。

 以前、16時からの授業になかなか起きられず、早々に出席が足りなくなった学生がいたので、「試験を受ける権利はもちろんあるんだが、来年に備えたほうが…」と伝えたところ、ニコニコしながら時たま出席してきて、結局、試験も受けていました。新学期、図書館入り口で鉢合わせしたところ、露骨に顔を背けてしらんぷりされる。
 それ以来、学生のニコニコ対応は、だいぶ含みがあることを思い知らされた次第(この話は、かなり頭に来たので、後輩達にも何度も話してゴメンナサイ-女子大は随分長いことお世話になってあれこれ対処法も学んできたのに、まだまだ甘ちゃんであることだ)。
別窓 | 大学での御仕事の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 物語学の森 Blog版 | NEXT