物語学の森 Blog版
FC2ブログ
久保朝孝著『紫式部日記論』
2020-06-27 Sat 07:57

 
 著者から拝領。ありがとうございます。前著『古典文学の愉悦-平安文学論攷』(2010年)から10年、還暦、古稀と人生の重要な時を刻む毎に単著をまとめておられ、この『紫式部日記論』は卒業論文以来のライフワークの集大成といえる入魂の書である。

 前著は書評を書いたので、未読の方はご覧いただくとして、本書にも引き継がれる基本方針は、初出以後に書かれた論攷についての加筆をしないことである。『紫式部日記』に関しては、1979年以降、成立過程論を軸に80年代前半の間に集中的に書き継がれた第一部の論攷が枢軸をなす、本書の核心部分である。リード文を引く。

『紫式部日記』という困難に挑む
 現存『紫式部日記』は、父藤原為時を第一の読み手とし、
娘紫式部によって記された「家の記」としての「仮名日記」に基づき、
内省的記述を付加して作成された
「別記」群の不完全な集成である(第一章)。

 第二部は日記文学研究者として名を為した90年以降、書肆の求めに応じて書かれた依頼原稿群である。企画立案の編者のテーマに添いつつ、久保さん独自の和歌論、風景論、土御門邸論、白詩受容論は高い到達点を示している。それぞれ長い時の間に、練りに練られ、熟成されて、珠玉の輝きを放っており、適宜、挿入される図版も論の理解に効果的に配されている。

 頂いてからすぐに読み始めると止まらなくなり、慌てて仕事に出て帰宅、食事も忘れて続きを読んだ。『紫式部日記』本来の魅力を饒舌ながら、もの柔らかに語る、久保さんの風貌を思い起こしながら読み耽った、という次第である。

 書き下ろしの第一章に関しては、先月刊行されたばかりの『知の遺産 紫式部日記、集の新世界』の各論文と共振し、両書を合わせ読まれることをお勧めするが、先に記したように、1979-1986年に書かれた論攷群であるために、『知の遺産』執筆者の名前が「索引」に見えるのは、献上本、私家本の二段階成立論に言及した書き下ろしの第一章のみであり、初学者にしてみれば、久保説をどう評価しつつ、研究史に定位するのかは、第三者、つまり、後進のわたくしたちの仕事ということになるのだろうか。

 この第一章では、池田節子著『紫式部日記を読み解く 源氏物語の作者が見た宮廷社会 』(2017年)に賛意を表しつつ引用し、日記の道長要請説を否定し、父・為時邸宅に遺された家の記として、父を想定して書かれたという理路を展開する。池田説は、娘・賢子のために書かれたとする萩谷説に関して、母娘であっても、「娘だから他人への批判を忌憚なく書ける」わけではないという疑義を呈して「共通する知識を有する身近な人」を仮設するのだが、この家の記読者説は、否定する論拠が、時にこれを肯定する論拠ともなるようにわたくしには思われる。というのも、この最も身近な近親は、女房として出仕する娘・賢子がもっともふさわしいからである。また、久保説の父・為時読者説も、道長との交渉をもってまわった言い回しの「水鶏の歌」を書き記す妙齢の娘の意図を、わたくしは、いかんとも想定しがたいと思うのだが、いかかだろうか。

 拙稿「紫式部の生涯」にも記したことだが、紫式部の女房の職掌は、無任所ということになる。厳密には、彰子の楽府進講以外具体的に何をしたという記述は書かれていない。自身の日記だから書かれていないのかも知れないが、「上人十七人」とある内裏女房と「四十人ばかり」の彰子女房、総勢五十余名もれなく総登場の、現行『紫式部日記』である。ともあれ、全員を書き残してあるところに、一条天皇の皇子生誕儀礼の記録的な性格は否定できないように思われてならない。
 また、当時の貴族の日記のあり方に、三橋正の論の核心部分(紀要抄録-本文ではないので注意)を引用してある。この論文を病床で書いていた最晩年の故人が、漢文和文を包括的に捉えた日記文学史を構想していたことは『古記録文化論』(2015年)の「『古記録文化論』解題」に記したので、興味のある方にはご一読願いたい。
 
 以後、続稿予定。
別窓 | 日記を物語る Blog 版 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『京都市街全図』明治36年(1903)7月版
2020-06-18 Thu 08:06
2020061802.jpg


 『京都市街全図』明治36年(1903)7月版。この3月に敢行した清少納言・月の輪探訪の地を確認すべく古地図を蒐集中。このうち、泉涌寺(せんにゅうじ)の月の輪は、月輪殿・九条兼実以降の地名であることがわかっている(加納重文『九条兼実』2016年)。孝明天皇陵は泉涌寺内の後月輪東山陵。特別拝観の時でもあり、一行で歴代天皇の位牌を拝することができた。
 愛宕山・清滝の月輪寺がきちんと地図に載っているのも有り難い。奈良時代からの歴史ある古寺にして、大宝4(704)年、泰澄大師が役小角をともなって開山、空也上人や法然上人ゆかりの古刹ではあるが、一時住職不在の時期もあって、荒廃が進んだようだ。体力の限界を超える登山であったから、達成感はあったものの、断念した平日限定の宝物館は今度の宿題となっている。
 京都から戻って復習したところ、戦前は愛宕山山頂にケーブル鉄道とホテルがあり、現在、愛宕神社までの登山ルートは道も開かれていることを、後日知った。都合5時間かかる登山となるようなので、弁当持参が必須だが、来年は清滝-愛宕山-月輪寺のルート、仲間を募って挑戦したい。ご希望の方ははやめにご一報を。
 
 愛宕山ホテルの今はこちら
別窓 | 全国ツアーの巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
東原伸明・山下太郎編『大和物語の達成─「歌物語」の脱構築と散文叙述の再評価』
2020-06-09 Tue 07:20


 編者と原さんから拝受。ありがとうございます。
かなり以前の記憶になるが、東原さんが『源氏物語』「若紫」巻の『大和物語』に関する引用論を口頭発表したとき、原則若手の報告は全否定のスタンスだった三谷邦明さんが、「『大和』で『源氏』も読めるかな」と肯定的な評価をしたことを覚えている。

物語研究会1991年11月例会 早稲田大学
身体に刻みこむ=刻みこまれた話型―「若紫」巻の〈引用〉と〈読み〉による創造― 東原伸明

 これは、第二章の「プレテクスト『大和物語』の想像力と創造力─『源氏物語』「若紫」巻の 注釈・引用・話型」の構想となったものと思しく、論文後記に、おうふうから出された第二論文集『源氏物語の語り・言説・テクスト』(2004年)の論文の改稿とあるから、常に東原さんの引用論の基本線にある問題ということなのだろう。
 なお、物語研究会では、東原さんの報告は『大和』が冠されていないのでヒットしないが、延べ20本の『大和物語』の報告が確認される。とくに直近の報告は、この論文集にもれなく寄稿した学習院勢。『源氏物語』だけの会ではないことが、ものけんのプライドである。夏の大会にはいつも駆けつけてくださる山下さんや、原さんの力作論文ともども、御架蔵をお勧めする。

 なお、物語研究会、神田龍身さんとともに次回の発表者の予定だったはずだが、すでにコロナ延期は三回に及び、大会開催も白紙である(と思う)。4月の報告者が見つからないとのことで引き受けたところではあるが、今年度は創立50年の節目の年。以後、学界オールスター目白押しの発表ラインナップだったと側聞する。いずれにせよ、再開後の事務局にお任せするしかない。

 
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ポストコロナ社会をどう生きるか
2020-06-05 Fri 07:50
2020060502.jpg

時節柄の教材。最近の映画には311が結節点となる物語が多い気がする。
ポストコロナ社会をどう生きるか、若い人たちと考えたい。
別窓 | 生涯稽古の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
沢田正子著『源氏物語の人々』
2020-05-30 Sat 07:36


 著者より拝受。いつもありがとうございます。前著『源氏物語の祈り』も六条御息所をあしらった瀟洒なカバーであったが、今回は椿椿山「花弁図」の由。この10年書き継がれた作中人物や心象風景に関する論考をまとめられた本。私は学生時代から丁寧な語彙考証に立脚しつつも、作品世界を鮮やかにトレースされた『源氏物語の美意識』『枕草子の美意識』『蜻蛉日記の美意識』を愛読してきた。光源氏、紫の上の内面と物語世界の関係を丹念に辿られた先達の本。 この新著も、ぜひ御高架をお勧めします。
別窓 | 源氏物語の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 物語学の森 Blog版 | NEXT