物語学の森 Blog版
芥子・棗・コカの古代
2017-07-22 Sat 07:51
 採点の合間、芥子・棗・コカの古代、つまり、古代の麻薬をリサーチ。植物にはからきし弱い自覚有り。もっと勉強しておけば良かった。今なら、まだ、間に合うかも知れない。
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
爛柯の故事再読
2017-07-20 Thu 07:35
 試験・レポートをほぼ回収(一部はポータルサイトの添付待ち)につき、採点と共に原稿の内容を考えます。大室幹雄『囲碁の民話学』を再読しながら、爛柯の故事を再考します。
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『図書 私の三冊』
2017-07-18 Tue 07:10
 岩波書店の『図書 私の三冊』をもらってきました。岩波文庫90周年記念だそうですが、その昔、おそらく1987年の60周年にも同じ企画があったように記憶します。当時は、秋山虔先生が島崎藤村『春』、大野晋氏が橋本進吉『古代国語の音韻について』を挙げておられ、後者は購入して夏休みに読んだ記憶があります。当時は大学院生でした。書かねばならない原稿を抱え、読書量は細るばかりのような気もする。この夏は専門書以外の本にあれこれ挑戦したい。
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
あと七分
2017-07-15 Sat 22:50

 神奈川大学で物語研究会例会。西武・副都心・東急が乗り入れて格段に便利になったものの、帰りのバスに乗れるのは稀。おなじ電車に乗ったはずのS浦さんが1本あとからやってきました。なんでだろう?
 そしておやすみなさい(^^)。私の家は終点傍なんです。
別窓 | 全国ツアーの巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
女性琴士の奏でる『広陵散』
2017-07-12 Wed 06:35


 説明和訳- 《広陵散》は又の名を《聂政刺韩王曲》。楽曲は魏晋時代に作られた。版本の《神奇秘谱》より採譜。
別窓 | 右書左琴の巻 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 物語学の森 Blog版 | NEXT